blog

-MUDAIブログ-

2021/07/01

スタイリングが楽な髪型ランキングがあったとしたら多分一位

MUDAIです◎
最近ふと思ったのですが、bobを切ることが多い。
特に〇〇が得意な美容師です!
みたいなのはないのですが、とにかく僕はカットのお客様が多く、データ上ではカット比率が95%を超えています。
最近はテレワークなどの影響で、スタイリングしなくても過ごしやすいbobのオーダーが多く、シンプルだけどこだわり尽くせる仕事なので楽しく切っています。
bobを切る時に心がけていることは、
・骨格と首の長さに合わせたラインの設定。
・2ヶ月間は似合う状態が維持できるラインで決める
・乾かすだけで決まるように毛流れや生え癖を分析して活かす
・下を向いたり動いてもラインが崩れない
・揺れた後に元の形に戻るよう中間の軽さで肌に馴染ませ、毛先に重みを残す
細かいことを言い出したらキリがないですが、bobの魅力はとにかく楽な事。
オイルつけるだけで終わりです♪
スタイリングを頑張りたくない人に全力で答えられるようカットで兎に角作り込みます。
真っ直ぐなラインを切る時に息を止める癖があるのですがマスクなので酸欠になりそうな時があります。
シンプルだけど職人モードになれるbobを切るのが好きです。
シンプルなbobにハイライトを合わせるのも◎
特にこだわりを話すことはないですが、勝手にこだわって切るのが結局楽しくて、お客様の事を考えて切ってる風ですが、ほぼ自分を満足させる為のクオリティーを目指しています。
会話の途中でいきなり話さなくなるとお客様にイジられますが、20年やってても治らないです。
一緒みたいな色んなbobを一人一人に合わせて作るのでこれからも僕の自己満の為にbobを切らせてください◎
blue tomato

2021/05/30

ステイフォームのビフォアアフター

MUDAIです◎

こんなご時世なので、髪を切るのをずっと我慢しているお客様が、久しぶりに来てくれてバッサリカットすることがよくあります。

それにしても我慢したな〜という猛者が来てくれたので、ビフォアアフターを撮ってみました。

若い頃から僕のヘアカタログの撮影のモデルをよくやってくれていた小貫くん。

かれこれ10年近く担当させてもらっています。

あまりにも伸びているので笑い者にされる小貫くん。

しかしここまでよく伸びたな〜と。

サクサクと刈り上げる。

上を下ろすとまだすごい長さ。

サクサクと切って30分後。

おかえりイケメン♪

久しぶりのお客様が来てくれると毎回嬉しい。

早く平和になりますように◎

blue tomato

 

 

 

 

2021/05/01

皆様のおかげで10th!!!!

平素よりBLUETOMATOをご愛顧いただきありがとうございます。

皆様のおかげで本日5月1日で10周年を迎えることができました。

こんな大変な時期ですがサロンが続けられているのはお客様やスタッフ、支えてくれる家族の皆様、運営に関わって頂いているブレーンの皆様、ディーラーさん、メーカーさん、メディアの皆様、言い出したらきりがないですが関わって頂いている全ての皆様のお陰だと心より思います。

予測できない色々なことが起きますが、瞬間瞬間をなるべく元気に過ごせることが大事だと思っております。

これからも少しでも皆様にとっての、元気になれる瞬間に寄り添っていけたら嬉しいなと思っております。

今後ともよろしくお願い致します。

こんな時期なので爽やかにオロナミンCで乾杯。

kaoruねーさんの飲みっぷりに少し引く新人のmiu。

こちらは大塚製薬の回し者かのような新人のMOE。

仲良し同期。

ま〜驚くほど盛り上がらない。

朝だし。

お湯飲んでるみたいな顔。

こんな時期に10周年。

オープンしたのは2011年。

ベロベロになるまでお酒飲みたかった。

盛大に祝いたかった。

コロナめ。

20周年は世の中も平和で、ハッピーに祝えることを祈っております。

くだらないブログの内容ですみません。

皆様今後ともBLUETOMATOをよろしくお願い致します。

BLUETOMATO  MUDAI

 

 

2021/04/18

BLUETOMATOの全体ライン

MUDAIです♪

 

今日はBLUETOMATOのグループLINEを晒そうともいます。

 

 

 

まず、YUICHI店長のリーダーシップにより、朝の入り時間が早くなるからおまえら確認したらスタンプで返信だぞ!的な内容です。

 

ほんわか系スタイリストのmaiさんは猫のスタンプ。

 

こんなに早くレスポンスを返すことはあり得ないのできっと👓の横にいたはず。

 

 

 

そして私は恥ずかしながら昭和のフレバーしか漂っていないおじさんスタンプ。

 

と思ったらkaoruねーさんもなかなかのノスタルジーを感じさせるスタンプ。

 

そしてKAZUMAはミッキーか〜

と、何事もないやりとりだと思っていたら。

 

 

 

 

新人のmiuのスタンプのクセが強い。

 

 

 

 

そしてもう一人の新人のMOEのクセもやはり強い。

 

 

 

 

 

新人二人のスタンプが面白かったから上をいこうとしてややスベった感のあるmasaki。

ややスベった感のあるmasaki。

スベったmasaki。

からの平常運転のsuzu。

からの次の日遅刻するMOE。

またキャラクター濃度が高くなってしまった。

どうしよう。。。

 

(左がmiu、右がMOE)

*二人とも笑顔が素敵な明るい女子です

 

blue tomato

 

 

2021/03/25

パパとお揃いヘアースタイル

MUDAIです◎

 

最近ちびっ子達のカットをする機会が増えました。

 

最近の子供達のデジタルネイティブ感がすごい。

iPadなんて操りまくりです。

なんかいい光景に見えますが

suzu「この絵Tシャツにしたら売れそうじゃない?」

masaki「売れそ〜!」

最低ですね大人って。

パパとお揃いにしちゃいました♪

かわいすぎる〜。。。

 

#キッズカット

#子供カット

 

blue tomato

 

2020/10/31

今まで癒してくれてありがとうaki♪

本日でakiが最後のサロンワークを終えました。

たくさんのお客様からお声をかけていただいたり、わざわざ会いに来ていただいたりと、沢山のお客様の愛情をたっぷり受けBLUETOMATOを巣立っていきます。

先日akiの送別会を行いました。

とりあえずピザとビールを与えれば喜ぶ安い舌のBTスタッフ達。

酒の肴はakiの履歴書の全身写真。(akiごめんのせちゃった♪)

からの作文朗読でakiを辱しめるkaoruねーさん。(akiのあのポーズは身の危険を感じている時のポーズ)

序盤から色々晒されダメージを受けるaki。

お酒もすすみ、それぞれが覚えているakiの失敗談をひたすらに披露。(ほぼ遅刻ネタ)

masakiのakiの遅刻した時のリアクションモノマネで腹筋崩壊。

よく叱った人と叱られた人の思い出トーク。生活指導の先生と学校一のヤンキーの卒業式の風景。

なぜかここで感極まって泣き始めるaki。色々思い出あるよね◎少し送別会っぽい雰囲気になってきた。

と、思ったらその反対側でそれぞれの時代のギャルのプリクラの撮り方で盛り上がる何も産み出さない女子会。

元ギャルじゃなかった人が思い出して初めてやるギャルのポーズの哀愁。

そんなこんなで時間は過ぎ、最後に一言のコーナー。

それぞれが過ごした時間の中で、いろいろな関係性を持っている。

アシスタント同士の関係性は知らないことが多くて聞いていておもしろい。

それぞれがお互いにぶつかりあったり、助けられたり、今だから言えるけどっていう表現は乗り越えた感じがして心地よい。

4年半お疲れ様でした。

昨日akiがスタッフルームで、

『MUDAIさん、辞めてから一つだけやりたいことが決まりました。』

『お、何するの?』

『フィンランドに旅行に行きたいです!』

知らんがな。。。。

最後までほっこりさせてくれてありがとう。

BLUETOMATO

2020/08/16

少し遅れてお盆休みいただきます◎17日(月)〜20日(木)まで

MUDAIです!

誠に勝手ながら17日月曜から、20日木曜までお盆休みを頂きます◎

と言っても、コロナウイルスの影響で毎年恒例の三重への帰省はできず、

 

赤福氷も食べれない

ビールも飲み歩きできないし

こんな顔もできない。

夏を満喫したいけど、、、。

 

花火も祭りもやってない。

しょうがない。コロナだから。

毎年同じことができてたのって幸せだったんだなと、

ロード第1章の歌詞のようなことを思いながら、どう過ごそうか考え中。

 

 

BLUE TOMATO

2020/06/21

お客様とBLUETOMATO◎

【美容師とお客様】

BLUETOMATOには、ありがたいことに長い間通い続けてくれているお客様が沢山います。

2ヶ月に1度くらいのペースで髪の毛を切りながら、気がつくと10年近くの時間が経過していたりする。

よく考えれば友達よりも定期的に会って、話してたりするな〜と。鏡に映るお客様の顔を見てなんとも言えぬ感情になったりする。

お互いの人生をいい距離感で見つめている不思議な関係。

〜maiと冬ちゃん〜

maiがアシスタントの頃、カットモデルで声をかけたことをきっかけにずっと担当させて頂いているお客様。

【ヘアチェック中にお客様とケンカする?】

 

そんなことが接客業である美容室で起こっていいわけはないのですが、この二人は毎回ケンカしている。

アシスタントが後ろで、また始まったと少しニヤニヤしながらケンカの様子を傍観する。

 

ケンカの内容は、冬ちゃんのやりたいことが右往左往して、色々提案するが、なんとなく嫌だったり、前にやったあの感じだよって言っても「忘れた〜」とか言ったり、ようやく決まってカラーを塗り始めた途中で、「何色になるんでしたっけ〜」とか言ってmaiのことをブンブン振り回す。

とにかく振り回し方がオモシロイ。

本人はふざけているわけじゃなく、至って普通にやりとりしているのだが、感覚的で自由な冬ちゃんと、仕事中は生真面目なmaiの相性の悪さが奏でるハーモニーがケンカという形なだけなのだろう。

冬「maiさんが鬼になった〜」

m「言っとくけど鬼にさせるのは冬ちゃんだけだからねっ!!!」

いい大人とは思えないやりとりがフロアに響く。

ヘアチェックでケンカして、施術中にさらに険悪になり、仕上げの時に満足して笑顔になり仲直り。

そんなことをかれこれ10年以上続けている。

この小競り合いが好きなので希望としてはこれからもずっと続けて欲しい。

(冬ちゃんは絵を生業にしているアーティスト◎Fuyumi Yamamori

一人一人のお客様と、一つ一つの関係がある。

美容師はやはりいい仕事だなと思う◎

BLUETOMATO          mudai

2020/05/27

そういえば5月1日に10年目に突入した件と、円もベルも返さなきゃの話。

MUDAIです。

こんな状況の中で自分達も忘れていたくらいなんですが、今月5月1日に9周年を迎えましたw

思えば、BLUETOMATOがスタートしたのは2011年5月。

オープン準備を進めている最中に東日本大震災が起き、内装資材が足りなくなるかもしれない、融資が降りないかもしれない、など、様々な不安を抱えスタートしました。

いよいよ10年目に突入したわけなのですが、まさかこんな状況とは夢にも思わなかったというやつです。

オープンする時も以前のサロンを震災直後の4月にバタバタと退社し、こんな状況で、新しく作る自分のお店に来てくれるのかすごく不安だったのですが、初月からたくさんのお客様がご来店頂き『助かった〜』という感情になったことが思い出されます。

今も、こんな状況下の中、わざわざ足を運んでくれる顧客の皆様に助けられています。

つぶれたら困るからクラウドファンティングをしたほうがいいと、わざわざ電話をかけてくれるお客様や、カットチケットを作った方がいいとアドバイスしてくれるお客様、助成金や、給付金などのまとめサイトをメールしてくれるお客様。

僕が、世の中の便利な仕組みに周回遅れのポンコツ経営者なことをよくご存知の皆様に少しずつおりこうにして頂いております。

新型コロナの状況下の中、BLUETOMATOに来店した印象をnoteで書いてくれたりしたお客様もいました。

髪は切りたいけど美容室は怖い。ためらいの末に行ってみると…

↑↑↑文章が上手すぎて、、、。本職の文章力に圧倒されました。

 

 

あと、やはりスタッフ達にすごく助けられてます。

こんな状況下でも自分自身の成長を止めず、もがきながら前に進もうとしてくれるスタッフ達の姿勢に活力をもらい続けています。

新型コロナ対策も、みんなが意見を出し合ってほとんど決めてくれました。

なんなら今年の新卒の北村さんまですごくテキパキと働いてくれてw

助成金とか給付金はほぼYUICHIがやってくれたし。

僕がやってたことといえば、銀行にお金借りたり、たぬきちにお金借りたり、

魚釣ったり、虫とったり、化石掘ったり、して売って、たぬきちに借金返して、

まーようは、あつ森。

あつ森です。

YUICHIは助成金。僕はあつ森。

『安心してください、しばらくはつぶれないはずです』

お金借りましたからね。

そらつぶれないです。しばらくはw

ブログでこんなことを書くのもどうかと思うんですがあえて書きますとね。

いろんな業種が影響を受けて、ウチも含めてこれからも大変だと思うのですが、もう後は共に働くメンバーと一緒に頑張ってやっていくだけ。

借りたものを返して、社会に貢献できるように頑張ってやっていきます◎

ふざけたことばっかり書いてますが、こんな時だからこそ、元気よくやっていきたいと思います◎今後ともよろしくお願い致します!

たぬきちにもベルいっぱい返さないといけないし。

よし!いっぱい魚釣るぞ〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/05/19

『愛すべきスタッフ達 Vol.4』BTのアシスタントリーダー!

MUDAIです。

営業を再開し、半月、最小人数でサロンワークをしております◎

 

『愛すべきスタッフ達 Vol,4』

2018年度の二次募集で滑り込んだ、遅れてきた男。masaki。

不器用だけど、努力をし、少しづつできるようになっていく。

美容師としての将来的な魅力はすでに沢山あるけど、調子に乗りやすいのでみんなで褒めないように我慢している。

BT唯一の長男だが、末っ子が持ち合わせている能力は大半コンプリート済みの愛されキャラ。

鏡を拭いていると見せかけ、汚れよりも自分の顔を確認する自己肯定感高めのハッピー野郎。

入社当時のmasakiは成人式で目立つために全力を尽くしそうな若者。横にいるのは当時の担任。

このイラストを自信満々に説明する姿素見たときの、新しいおもちゃが手に入った感は忘れられない思い出。

一年目の社員旅行での一枚。爽やかなペンションの朝を、ダメな薬をやった人のリハビリ施設に変換する影響力に感服。

プライベートではDJとしても活動。めっちゃカッコつけてるがこの時点ではまだシャンプーに合格していない。

3ヶ月の研修が終わり、晴れて正社員へ。多分昔見た雑誌のスナップで体は正面、顔は横、ポッケに軽めに手を入れ、口は半開き。をインストール済み。因みにまだシャンプーには合格していない。

12月。完全に東京のどこかにあるという、ファッションの迷路に迷い込んで彷徨っていた時期。後ろにある富士山が元ヤンの先輩感を引き立たせる。

2年目に突入。すくすくと育ちすっかりサロン内の人気者。頼んでもないのにムードメイカーの肩書きをGET。

面白い写真をチョイスしているわけではないのに面白いところがmasakiの凄み。

3年目突入!毎日マスクで見えないのに『僕ヒゲどうすか?』と聞いてくる自己愛の暴走。

おしゃれ電通KAZUMAのプロデュースでショートにイメチェン。

実はアシスタントリーダーとなりました。

誰とでもぶつかれて、誰とでも良い関係が作り続けられる人間性には助けられています。

後輩も出来て、シャンプー講師にもなりました。

成長し続けております。

最近はカットの練習も始めて、講師泣かせの理解力の低さと、不器用さを存分に発揮してくれて組織の教育力向上に貢献してくれています◎

自分をカッコよく見せるのに必死で、人からカッコいいと言われたくて、カッコいいモノを創れると思われたい!

全力で飾ろうとしているけど、飾りきれない等身大の魅力。

わかりやすくて良い♪

美容師としての技術、毛髪理論や薬剤知識など。普通のことをしっかりやれば”ヤンキーがたまに優しくしたバイアス”が全てにかかり、ギャップ的魅力になる。

迷う事はない。もうキャラクターは”ココ”にある。

masakiのインスタはコチラ

 

長々とありがとうございました◎