blog

-YUICHIブログ-

2020/12/02

真冬向けのキャンプ装備

こんにちは、YUICHIです!

キャンプネタが続いておりますが、お付き合いください笑

さて。

真冬のキャンプはとても寒く、過酷という話をよく聞きます。

しかし、寒ささえどうにかできれば、

・人が少なくのんびりできる

・虫がいない

・空気が澄んでいて、景色や星空が綺麗

というような、メリットがたくさんあるようです。

キャンプにハマった僕は冬でもキャンプがしたい!と思い、あったかグッズを集め始めました。

まずは寝袋。

イスカのアルファライト1300EX

最低使用温度がマイナス20度とのことで、快適に使用できるのはマイナス10度くらいでしょうか。

寒がりな僕でも安眠できそう。

ダウンは価格が高すぎるので、化学繊維に。

モンベルのバロウバッグ0や、スナグパックのソフティエリート5とも悩みましたが、

僕調べでは、化学繊維の寝袋ではこれが一番暖かいスペックです。

ドラえもんみたいな見た目になりますが、基本寝袋は見えないので。。

続いて湯たんぽ。

マルカのA

直火で温めることが可能な昔ながらの湯たんぽ。

少しかさばりますが、一晩中暖かさが持続してくれます。

あとは着る服でも。

普段から真冬はアウターとしてミリタリーのものを愛用しています。

ダウンの代わりにプリマロフトという素材が使われていて、洗濯機でも洗えるのでアウトドアにぴったり。

火の粉にだけ気をつけていれば、相当暖かいです。

以前ブログでもちらっと書きましたが、アメリカ軍の極地遠征用で、7種類の重ね着システムの一番外側に着る物です。

7種類全てを装備すると、マイナス50度まで対応できるとのこと笑

パンツは持っていなかったので、今回ゲットしました。

上下ともに着ると、ミリタリーマニアのような見た目になりますが、暖かさが優先です。

マシュマロスーツと呼ばれているくらい、柔らかく快適でそのままでも眠れます。

テントで薪ストーブ、とかとても憧れますが、一酸化炭素中毒も怖いので。。

しっかり寒さ対策をしながら、楽しみたいと思います◎

BLUETOMATO YUICHI

2020/11/15

ふもとっぱらでキャンプ

こんにちは、YUICHIです!

KOHNOくんもブログで書いていましたが、先日の3連休で一緒にキャンプに行きました。

当日の朝、早朝に雑誌の撮影が入っていたので、終わり次第9時過ぎに出発。

車であっという間に河口湖に到着。

お客様に教えて頂いた、彩花というお店。

冷やしたぬきうどんの肉乗せに、僕はキャベツも別皿でトッピング。

歯ごたえがかなりあって、とても美味しかったのでオススメ。

その後食材を買い出しして、キャンプ場へ。

富士山がどーーーんと見える、何もない原っぱの気持ちいい景色。

今回は車だったので、この間持って行かなかったギアも持って行けました。

実家から拝借した、80年代くらいのガソリンランタン。

火をつけると一瞬ボワっと火が回るのでとても怖い。

つけた瞬間飛び跳ねました笑

これはガス缶にくっつけるヒーター。

朝晩は5度くらいまで冷えていたのでとても暖かかったです。

KOHNOくんと兼用できるように大きめのクーラーボックスも。

「INAMURA」って名前書いてあります笑(苗字、稲村と言います)

新しく買った厚さ6mmの鉄板でステーキを豪快に焼いてみたり。

そんなに高いお肉ではないのですが、なんででしょう、とても美味しく感じる。

僕は簡単な料理しかせず、ほとんどぼーっとして過ごしていました。

それぞれがソロキャンプの道具を持って集まることをソログルと呼ぶらしいですが、

自分のペースでのんびりもできるし、寂しい時は話しかけられるし、とてもちょうどよかったです。

山田錦を呑んだくれるKOHNOくんもとてもリラックスしていたようでした笑

キャンプに行くたびに欲しいものが増え、少しずつギアを充実させています。

次はソロで行く予定ですが、まだまだ楽しみたいと思います◎

BLUETOMATO YUICHI

 

 

 

 

2020/10/30

OLAPLEX ホームケアのご案内

こんにちは、YUICHIです!

@bluetomatostaffのインスタグラムでチラッと紹介されていたOLAPLEX(オラプレックス)のホームケア。

既に多くのお客様からご好評を頂いております。

すぐにメーカー欠品になってしまい、なかなか在庫がなかったのですが、やっと安定してきました。

なので遅くなってしまいましたが、ブログでもご紹介させて頂きます。

 

オラプレックスのホームケアは、

・ブリーチなどをしているハイダメージ毛

・細くて柔らかい髪質

・うねりなどが気になる弱いくせ毛やエイジング毛

というような髪質に特に向いていると思います。

僕自身、上記にかなり当てはまるので現在シャンプーを自宅で使用していますが、なかなか調子が良いです。

 

OLAPLEXは以前、業務用のトリートメントを導入したときにもブログでご紹介させて頂きました。

(ブログでは+¥1080となっていますが、消費税が変わって現在は+¥1100です)

ケアカラーやケアブリーチ、ケアパーマなどと呼んだりしているのですが、既に使用されているお客様も多いと思います。

実際、少し時間が経った後のダメージの出方が全然違うので、薬剤を使用する施術にはとてもオススメ。

 

 

普段ヘアケアというと、水分や油分、タンパク質を補給する、というのが従来のイメージですが、オラプレックスは全く異なります。

髪の毛自体の結合を強化し、ダメージを未然に防いでくれ、更にダメージしている部分を修復する効果もあります。

 

 

何かにうまく例えようと試みていますが、あまり上手く説明できていません笑

髪の毛自体を栄養を入れていく「うつわ」として考えるとしたら、従来のヘアケアは「うつわ」の中に栄養素を入れていきます。

もしも「うつわ」自体にヒビが入っていたり、穴が空いていたりしたら、せっかく栄養素を入れても溢れてしまいます。

オラプレックスは、その器のヒビを修復したり、穴を塞いだり、「うつわ」の素材自体を強化してくれます。

髪の毛自体を強化してくれる薬剤は今までになく、美容師からするととても画期的な薬剤です。

 

 

その役割を担う成分がジマレイン酸という成分なのですが、サロンでの施術だけでなく、日々のケアでジマレイン酸を常に補給できるのがホームケアシリーズです。

オラプレックスは1〜7番まで種類があり、1〜2は業務用ですが、3〜7がホームケアとそれぞれ分かれています。

以下、それぞれのアイテムと使い方です。

3 ヘアマスク

週に1〜2回使用するヘアマスクです。

サラサラに仕上げたい場合は、

①髪の毛を濡らす

②ヘアマスクをつけて5分放置

③一度流してシャンプー

④トリートメント

しっとり仕上げたい場合は、

①髪の毛を濡らす

②シャンプー

③ヘアマスクをつける

④重ねてトリートメントをつけて3分放置

というように、使い方で質感のコントロールができます。

4 シャンプー

泡立ちがとても良いので少量でかなり泡立ちます。

ショートの僕で50円玉くらいの量で十分です。

濃度の濃いシャンプー剤なので、すすぎは特に入念に行ってください。

5 トリートメント

シャンプーの後、水気を切ってから全体になじませます。

3分ほど時間を置くと効果的です。

6 アウトバストリートメント

お風呂上がりにタオルドライした髪に、ボブくらいの長さで小豆一粒くらいの量を毛先から根元以外につけて、ドライヤーで乾かします。

7 スタイリングオイル

乾いた髪に、少量馴染ませます。

6番のアウトバストリートメントをつけた後に重ねづけするのもとても効果的です。

お値段は全て¥3080(税込)になります。

 

 

BLUETOMATOのお客様ですと、コタやオッジィオットをご使用して頂いている方がとても多いですが、

コタ→主に水分や油分

オッジィオット→主にタンパク質

をメインで補給してくれます。(もちろん他の栄養素もバランス良く含まれています)

既にコタやオッジィオットを使用していて、状態も質感も気に入っている、というお客様には、

3番、もしくは6番の使用がオススメです。

普段のケアにプラスして、オラプレックスの成分も取り込むことで、更にキレイな状態を作ることができます。

 

 

ちなみに僕が今こっそり考えている、ホームケアのスペシャルコースとしては、

ヘアマスク:オラプレックス3番でジマレイン酸を補給し、栄養素を補給する土台を作る

シャンプー:コタで水分と油分を補給しながら優しく洗う

トリートメント:コタで水分と油分を補給し、合わせて頭皮までケアする

アウトバストリートメント①:オラプレックス6番で更にジマレイン酸を補給する

アウトバストリートメント②:オッジィオットのミルキィで水分、油分、タンパク質を補給する

これであらゆる角度からも補修されて完璧のはずです笑

 

 

もちろん、オラプレックスのフルコースもダメージ毛にはかなり効果的だと思います。

ブリーチを3回ほど全体にしているakiに、オラプレックスのシャンプーとトリートメントを実験で使い続けてもらったら、

ホワつきが減ってツヤが出て、髪質がかなり改善されました。

 

それぞれアプローチが異なるので一概にどれが一番良い、と決めるのは難しいですが、

お悩みや状態に合わせて適切なアイテムをオススメさせて頂きますので、ぜひご相談ください◎

 

 

BLUETOMATO YUICHI

2020/10/14

第1回、ソロキャンプ

こんにちは、YUICHIです!

少し前からコツコツとキャンプ道具を集め、ついに先日ソロキャンプデビューしてきました!!

朝5時半に目覚め、準備をして電車で奥多摩に向かいます。

荷物が一ヶ月休暇の時くらい重い。。

電車を乗り継ぎ、9時過ぎに奥多摩駅へ到着!

駅から歩いて5分ほどのところにある、「氷川キャンプ場」というところに行ってきました。

とてもキレイな川がすぐ近くに流れています。

早速、購入したテントを建ててみます。

初めてにしてはスムーズに建てられたはず。

のんびり説明書を見ながら、だいたい30分くらいかかりました。

お腹が空いたのでとりあえず持参したカップラーメンを食べる。

この後、早起きした分眠くなり、お昼寝をしました笑

良い感じに時間が過ぎて、夜に焼くお肉やらなんやら買い出しに。

キャンプ場から歩いて5分くらいに、お肉屋さんやコンビニもあって、とても便利でした。

薪も大量に購入、ひとカゴ¥600。

火をおこし、飲めないけどビールを飲んでみる。

氷川キャンプ場は直火OKなので、石でかまどを作りました。

お肉を少しずつ焼いて食べる。

あとはゆっくり、ひたすら焚き火をしながら過ごしました。

23時過ぎくらいに寝て、朝は6時前に目が覚める、健康的な生活。

キャンプ用に購入したビアレッティのマキネッタ、2cup。

キャンプの朝に飲むコーヒーは至福。(普段コーヒーはあまり飲みません笑)

チェックアウトが10時だったので、ゆっくりテントを片し、帰ってきました。

帰ってきてもお昼過ぎだったので、時間に余裕があったのもサクッと行きやすいポイントですね。

初めてのソロキャンプでしたが、思っていたよりもとても良かったです。

やることがないので、ひたすらのんびりした時間を過ごし、自然に囲まれてリフレッシュできました。

特に焚き火をしながらのんびりする時間は最高でした!

これからたくさん行きたいと思います◎

BLUETOMATO  YUICHI

 

 

2020/09/27

YUICHIのスパイスカレー作り🍛

こんにちは、YUICHIです!

先日のブログでも少しお話しさせて頂きましたが、スパイスカレー作りにハマっています。

だいたい休みの日に一回は作り、次の日にスタッフに振舞っています🍛

みんな美味しいと言って食べてくれますが、信じて良いのでしょうか笑

 

スパイスカレーの基本はチキンだ!と誰かが言っていたので、とりあえずチキンカレーばかり作っています。

これはお客様にレシピを教えて頂いた、梅と紫蘇のチキンキーマ。

インスタに乗せたらレシピを知りたい、とDMを頂くことが多かったので、レシピのリンクを貼っておきます。

休みは3食カレーになってしまう勢いです。

まだまだ初心者ですが、初めて見るととても奥が深く、面白いです。

玉ねぎをどこまで炒めるか、キツネ色とか、飴色とか、ゴリラ色なんていうのもあるらしい。

チキンを焼いてから入れるか、そのまま入れるか。

スパイスの分量のバランスでも、味や色がガラリと変わります。

例えるなら、1%までこだわったカラー剤の配合のような感覚です笑

今はキャンプにも興味が出てきてしまい、いつまで続くかわかりませんが、楽しんで作りたいと思っています◎

BLUETOMATO  YUICHI

 

 

2020/09/09

FUDGEのオンラインに掲載されています◎

こんにちは、YUICHIです!

FUDGEのオンラインサイトに、スタイルを掲載して頂いております!

ダウンスタイルと、

アレンジスタイルです!

それぞれ動画で説明をするということだったので、かなり緊張しました。。

前日に何を話すか、iPhoneで動画を撮りながら練習したのでなんとか乗り切れました笑

話しているところを動画で見るのはとても恥ずかしいですが、よろしければぜひご覧ください◎

BLUETOMATO YUICHI

2020/08/21

少しずつ料理を始めました◎

こんにちは、YUICHIです!

休みの日はもっぱら家で過ごしているので、今まで全くしていなかった料理をするようになりました。

なので、作ったものを勝手に紹介していきます笑

 

『ベルベルオムレツ』

こちらはモロッコの定番料理。

旅行中に宿のスタッフが作ってくれたのをよく食べていた、思い出の味です。

 

『オイルサーディンのチーズ乗せ』

スキレット、レシピ、で検索したら発見。

ナスとトマトとブロッコリーに、オイルサーディンを和えて焼くだけの簡単料理。

去年、料理をしていなかった僕に、誕生日プレゼントでスキレットを選んでくれたakiとmasakiの先読み力に感謝。

 

『チキントマトカレー』

これは普通にカレーです笑

急にカレーが食べたくなり、ZEPPINというNETで評判の良かったルウを使って作りました。

 

これをキッカケにカレーにハマり、今はスパイスからカレーを作り始めているのですが、

長くなってしまうので続きはまた今度ご報告させて頂きます!

料理中の動画をインスタグラムに載せているので、良かったら見てください◎

BLUETOMATO YUICHI

2020/07/31

バイクが欲しいです🏍

こんにちは、YUICHIです!

コロナのせいでなかなか出かけにくいので、休みの日に時間を持て余しています笑

そんな憂鬱を吹き飛ばすべく、お出かけしやすいようにバイクが欲しくなってきました。

意外と思われることが多いですが、学生時代はバイクを所有しており、バイクで北海道を縦断したりもしていました。

まだスマホがない時代だったので、紙の地図を頼りに、友人と迷いながら走っていたのが良い思い出です。

2000年代前半はビックスクーターブーム、流行りに乗っかり、マジェスティというバイクに乗っていました。

こういうやつです。

荷物もシート下にたくさん入るし、乗りやすいし、便利だったのですが、飽きてきて、、

次はXRというオフロードタイプのカマキリみたいなバイクに乗り換えました。

北海道のお供もこのバイクだったのですが、仕事を始めてからは乗る機会が少なくなってしまい、

手放してしまってからはもっぱら自転車に乗る生活に変わりました。

休みの日にふらっとどこかへ出かけるときに、バイクがあったら良いなぁと思いつき色々見てみると、

こんなバイクを見つけました。

インドホンダのバイク、なんと新車で9.85万円!!

50ccの原付ですら一番安くて16万円くらいするのですが、このバイクは110cc。

高速道路は走れませんが、二人乗りだってできちゃいます。

前に乗っていたバイクはどちらも250ccだったので、物足りなさを感じるかもしれませんが。。

とにかく値段に惹かれました笑

と、ここで一つだけ問題が。

今住んでいる家にはバイク置き場がないんです。。

なので現実的ではないのですが、バイクを買ったら、と思うと夢が膨らみます!

この時代、色々と楽しみ方を見つけなければ!!

2020/07/10

バンクシー展に行ってきました◎

こんにちは、YUICHIです!

もう行ってからだいぶ経ってしまいましたが、「バンクシー展」を観に行ってきました◎

ブログを書いていたものの、自粛などがありアップするタイミングを逃していたので今更アップします笑

僕が行った3月17日時点でも、コロナウイルス対策として、混雑しないように予約制で入場者を制限していました。

なので始まったばかりだったのに全然混んでおらず、快適に見ることができました。

5月30日から展示を再開したようで、今も完全予約制のようです。

HPをチェックしてみてください。

昔は遠いと思っていた横浜ですが、渋谷から30分で到着してびっくり笑

入場時間まで時間があったので、せっかく横浜に来たのだからと思い、ラーメンを食べに行きました。

吉村家という、家系ラーメンの元祖のお店へ。

3時くらいだったので、ほとんど並ばずに食べることができました。

隣にいた外国人の二人組がウキウキしながらラーメンを食べていて、とても微笑ましかったです。

ちょうど良い時間になったので、会場まで移動。

横浜駅から直結のアソビルというところでやっています。

世界の色々なところで彼の作品が確認されています。

いつかパレスチナ自治区にある作品を生で観たいものです。

彼の作品はストリートアート。

素早く描けるようにステンシルで、政治や戦争など、強いメッセージ性が特徴。

日本ではもちろん海外でも人気で、2月に行ったモロッコでもパロディを発見しました笑

コロナウィルスに対しての風刺画も最近描いて話題になっていましたね。

点数も多く良い展示でしたので、空いているタイミングで良かったら行ってみてください◎

BLUETOMATO YUICHI

2020/03/13

モロッコの思い出🍊

こんにちは、YUICHIです!

2月はまるまるお休みを頂き、ご予約等ご不便をおかけして申し訳ありませんでした。

おかげさまで楽しんでくることができました、ありがとうございました!!

今回は初めてのアフリカ大陸、モロッコへ行ってきました🇲🇦

モロッコはアフリカ大陸の左上、スペインやポルトガルの少し下にあります。

カタールのドーハで乗り換え、行きも帰りも20時間以上かかるので飛行機がとても辛いです。。

国土面積は日本の約1.2倍、公用語はアラビア語とベルベル語、イスラム教の国家です。

首都はラバトですが一番大きい都市はカサブランカ、日本からの飛行機は基本的にカサブランカに到着するものが多いです。

今回はカサブランカから時計回りに、

ラバト→シャウエン→フェズ→メルズーガ→マラケシュ→エッサウィラ

という感じに7都市を巡ってきました。

カサブランカの空港に着き、電車でラバトまで2時間くらいかけて移動。

あまり観光するところがないとのことで、とりあえずモスクだけ見に行きました。

次の日はバスで移動し、青い街として有名なシェフシャウエンへ。

インスタグラマーっぽい写真。

青く塗っている真っ最中。

モロッコ人ファミリーに招かれて、ディナーをご馳走になりました。

迷路のような旧市街が有名な世界遺産の街、フェズ。

この街はGoogleマップだと記載されていない道が多いので、マップスミーがオススメ。

道が細すぎて、くねくねしていて、方向音痴にとってはとても大変な街でした笑

メルズーガに移動してサハラ砂漠へ。

空と砂の境目がくっきりしすぎていてCGみたい。

ラクダかわいいです。

マラケシュに移動し、イブサンローラン美術館へ。

中は写真が撮れませんでしたが、YSLがマラケシュに移住する前後のコレクションの対比がとても面白い。

モロッコはオレンジジュースが有名で、マラケシュが一番安く、生搾りが一杯50円。

一日に3杯飲みました。

港町のエッサウィラに移動、最後はここでのんびり11泊しました。

泊まったホステルのみんなと毎日ラウンジで談笑。

モロッコ、アメリカ、ロシア、オーストラリア、フランス、スイスなどなど、とても気持ちのいい人たちでした。

美味しかったものは、

 

モロッコの有名料理であるタジン。

お肉や魚など、様々な具材で楽しめます。

 

トマトがメインのモロッカンサラダ。

焼きたてのフォカッチャのようなモチモチパンにハチミツ。

 

とれたての貝の刺身や生牡蠣、海の塩味で頂きます。

などなど。

かわいいものもたくさんあって、

 

絨毯やお皿、

 

タイルやグラフィックなど。

色々なものが刺激になり、総合的にとても満喫できました。

今回は一つの国をじっくり回りましたが、いつもとはまた違う新鮮な経験でした。

長い間、お休みを頂きありがとうございました!!

年に一回、こうして一ヶ月休暇を頂き、様々な経験をさせて頂けることにとても感謝しております。

元気にお店でお待ちしておりますので、よろしくお願い致します◎

BLUETOMATO YUICHI